樋口宗孝がん研究基金(MHF:Munetaka Higuchi Foundation for Cancer Awareness and Research)基金について

樋口宗孝がん研究基金について


【小児がん・若年性がん支援を目的に】
現在、日本では、毎年約70万人ががんと診断されており、その内、約2,000人の子供たちががんに罹患し、またAYA世代と言われる15才~29才の約5,000人ががんと診断されています。一般的には、がんは比較的高齢の方の病気として恐れられている一方で、小児、若年者にも発生し、小児期の死亡要因としては、不慮の事故に次ぎ、第二位の死因となっています。
「樋口宗孝がん研究基金」設立にあたっては、その目的を何にするかを関係者内で何度も話し合いを持ちました。前述の通り、小児・若年者のがん罹患者数は少なく、一般にもあまり知られておらず、また小児・若年性のがんと言っても、白血病、骨肉腫、脳腫瘍などなど、そのがん種は数十種類にも及び、治療法の開発も、罹患者数が多い大人のがんに比べ遅れていると言われています。小児・若年者のがん患者は、就学、就職、恋愛、結婚、出産など、大人のがんと異なる多くの問題にも直面しており、これらの現状について広く貰うための啓発活動、そして将来的には治療法の研究・開発に寄与できるものにしようと話合いが持たれました。
また、晩年、樋口さんは、自らがドラマーとして音楽活動を続けるだけでなく、ミュージシャンを目指す若者の教育にも熱心であった事から、樋口さんの名前を冠した「樋口宗孝がん研究基金」は、次の世代を担う子供たち、若者たち、特に、がんという病と勇敢にも闘う子供たち、若者たちを応援するものにしようと言う事になりました。

組織概要

設立日(専用口座開設日)2012年(平成24年)4月14日
設立者メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社
設立協力者LOUDNESS
運営事務局メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社内「樋口宗孝がん研究基金」運営事務局
  〒101-0032東京都千代田区岩本町3-4-9 HOPE CITY 804
電話:03-5829-4173 FAX:03-5829-4174
メール:info@m2cc.co.jp
ページのトップへ戻る