セミナー概要

医療従事者及び医療を学ぶ学生のためのがん医療セミナー2019

パジャマを脱いだがん患者。あなたは病院の外の患者さんの事を知っていますか?がん患者(体験者)が白衣を脱いだ医療者に言いたいこと・聞きたいこと

開催日:2019年3月2日(土)

開催時間:15:00-17:00(開場14:30)

場所:ブリーゼプラザ小ホール

参加費:無料

定員:200人

参加対象:原則、医療従事者(医療を学ぶ学生)




プログラム
総合司会:橋本 佐与子(MBS毎日放送 報道記者)

開会挨拶

15:00-15:10

「患者さんとあなた(医療者)の間に溝を感じていませんか?」
中川 和彦(特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク 理事長・近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門 教授)

- Case1 私(患者)がドクター(主治医)に言いたいこと・聞きたいこと –
モデレーター:福岡 和也(近畿大学医学部附属病院臨床研究センター 教授)

Case 1

15:10-15:20

Part 1:「私がドクターに言いたいこと・聞きたいこと」
長谷川 一男(NPO法人肺がん患者会ワンステップ!理事長)

15:20-15:30

Part 2:「Part 1を受けてドクターから患者さんに言いたいこと・聞きたいこと」
金田 裕靖(大阪市立大学大学院医学研究科 臨床腫瘍学 特任講師)

15:30-15:40

Part 3:「患者⇔ドクターのより良いコミュニケーションのために」
Part 1患者さん・Part 2ドクター

- Case2 私(患者)が看護師に言いたいこと・聞きたいこと -
モデレーター:工藤 新三(大阪社会医療センター付属病院 内科 副院長)

Case 2

15:40-15:50

Part 1:「私が看護師に言いたいこと・聞きたいこと」
長内 まゆみ(がん患者生活コーディネーター)

15:50-16:00

Part 2:「Part1を受けて看護師から患者さんに言いたいこと・聞きたいこと」
田中 登美(兵庫医療大学看護学部 療養支援看護学成人看護学 准教授)

16:00-16:10

Part 3:「患者⇔看護師のより良いコミュニケーションのために」
Part 1患者さん・Part 2看護師

- Case3 私(患者)が薬剤師に言いたいこと・聞きたいこと -
モデレーター:倉田 宝保(関西医科大学附属病院 呼吸器腫瘍内科 教授)

Case 3

16:10-16:20

Part 1:「私が薬剤師に言いたいこと・聞きたいこと」
改發 厚(精巣腫瘍患者友の会 代表)

16:20-16:30

Part 2:「Part 1を受けて薬剤師から患者さんに言いたいこと・聞きたいこと」
淺野 肇(近畿大学医学部附属病院薬剤部 技術主任 がん専門薬剤師)

16:30-16:40

Part 3:「患者⇔薬剤師のより良いコミュニケーションのために」
Part 1患者さん・Part 2薬剤師

- Medical Oncology Jam Session -
モデレーター:池山 晴人(大阪国際がんセンター がん相談支援センター副センター長)

Wrap Up

16:40-16:55

「患者中心の医療を言葉だけにしないために職種・立場を超えてできること」
Case1/Case2/Case3登壇者(6名)・福岡 和也・中川 和彦

閉会挨拶

16:55-17:00

「真のチーム医療実現のため私たちの“本気”とは?」
中川 和彦(特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク 理事長)





応募方法

こちらのフォームよりお申込みください。
締切:2019年2月28日(木)17:00



問合せ先

メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社
〒113-0034 東京都文京区湯島2-5-2 文星堂ビル1F
電話:03-5829-4173
FAX:03-5829-4174
E-mail:info@m2cc.co.jp

主催:特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク
共催:認定NPO法人 西日本がん研究機構/NPO法人肺がん患者の会ワンステップ
がん情報サイト「オンコロ」/7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
協賛企業: アストラゼネカ株式会社/ ヤンセンファーマ株式会社
開催運営:メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社